考えられるカギによるトラブル

カギのトラブルについて

カギのトラブルは実に様々なものがあるようですが、カギの緊急修理会社に寄せられる依頼でもっとも多いのは、カギを紛失してしまったケースだといわれます。だれでも一回は経験があるかもしれませんが、カギを紛失してしまった場合、単純に開錠できれば問題はないですが、複雑なロックキーなどの場合にはシリンダー錠ごと交換させる必要もあるため、状況次第では大きな費用負担となってしまうこともあるようです。次に多く寄せられるのは、カギをもっているのに何らかの原因で開かなくなってしまうケースです。こちらは、カギの変形などが理由でカギ穴が回らないというような事態、あるいは、カギが抜けないなどの不具合といったことになります。多くの場合、鍵穴に油などを注入してしまったために男折るトラブルで、カギの中に使われているスプリングが油によってほこりを集めてしまい、動かなくなってしまうといった状態に陥ることも多いようです。こうした場合にはドアにドリルで穴をあけてカギを壊して交換することになるため、かなり大きな出費を余儀なくされることになります。また、次にカギのトラブルで多いのは、クルマの中にカギを置いてしまうケースです。最近では電磁ドアロックになっているため、単純なキーの挿し忘れといったものは少なくなっているようですが、このドアロックをうっかりリアのトランクに入れてしまってふたを閉めてしまったりすると万事休すことになってしまいます。便利になった機能でも、十分に注意して使っていくことが必要になることを示唆しています。こうした事態は、ほとんどのカギの緊急開錠サービスを利用すれば、解決のつくものが多くなっていますが、開錠までに時間がかかる上にカギの交換や開錠までのサービスコストなどかなり大きな費用がかかるきっかけとなるため、不注意のないように日ごろから家族を通じて準備をするなど、まさかの時の対応方法を考えておく必要がありそうdす。