生活 - カギを持たない生活はあり得るのか

‘生活’ カテゴリー

空き巣対策のカギの取り付けについて

最近では空き巣も悪質な手口で住宅をねらうケースが急増している。世の中は複雑化し、振り込め詐欺から手口も多様化して母さん助けて詐欺に名前も改める必要性も出てきたくらいに犯罪も複雑多様化してきている。空き巣に関しても同様で様々なやり方が横行しているのだ。以前からあるカギ穴に金属を差し込んで開けるピッキングだけではなく扉のカギ穴の近くにドリル等を使って穴を開け、そこから細い棒等を差し込んで内側のつまみを回すサムターン回しや、特殊な硬いバールを使って扉を強引にこじ開けるこじ破り、ドリルなどでカギ穴自体を壊してしまうカギ穴壊しなど狡猾かつ悪質な手口が目立つようになってきている。各住居の中には年数も経過した昔ならではの家屋のカギや簡単に空き巣に入られてしまう作りのカギも目立つ。住宅もどんどん密集してきており、死角になる場所が住宅の多くの場合に増えてきているのだ。ならば昨今では住民はどのように空き巣被害からのがれれば良いのか。基本的には住居の扉を1ドア2ロックにすることが有効な方法のひとつだ。2ロックにすると空き巣が扉のカギをこじ開けて住宅に侵入するのに時間がかかるのでその分時間を稼ぐことができる。それにより防犯性も高まり空き巣被害を抑えられるケースもあるのだ。また、カギの種類によっては防犯性の高い製品も昨今の空き巣の高度な技術に対応できるように改良を重ねた製品も多く市場に出回ってきている。空き巣対策はどうしようかと考えていて具体的な行動に移さずにいるうちに空き巣に入られてしまって家の財産を根こそぎもっていかれてしまってからでは遅すぎるのだ。まずは現在の住居のカギを確認し、簡単に開けられてしまいそうなものなら、気軽にカギ専門のレスキュー専門の業者に電話して相談してみるとよい。業者は大抵が24時間体制でフリーダイヤルで対応してくれる。まずはカギ専門のレスキュー業者に相談してみるのが得策である。